LINKS
★育児日記・他はこちらへ

☆タイキのブログはこちら

CATEGORIES
ENTRYS
RECENT COMMENTS
ARCHIVES



月別 アーカイブ
卒業

201403-1.gif

毎年参加してきた曲渕小学校最後の卒業式。
仲良し男子5人組のうち3人が卒業ということで5年生の2人が涙ながらに送ってくれました。
最後も本当によい卒業式でした。

201403-2.gif

タイキは中学校卒業。
仲良しくんがたくさんできて楽しい中学校生活だったようです。

by sakurak | comments (0)
taiki

ひさびさの更新です。

4月からそれぞれ新しい道に進みました。

タイキは昨年夏に部活を引退し受験勉強に専念するためにすぐ近くの祖父の家に居候。
離れてたほうがお互いに気を使って落ち着いて話できるかんじでよかったな~。
夏休みだけの予定だったけど、結局受験が終わるまでお世話になった。
もどってきたとたんに態度悪・・。まったく・・。

1年のころにこんな学校もあるよと勧めた高専。2年の夏休みに中学生向け講座に2日間ひとりで行ってみてなんとか自宅から通学もできそうだし、印象もよかったみたいで候補にあげていた。3年になり、1、2年の成績からみて3年で頑張れば推薦もいけそうだという話しをし、できれば推薦で・・を目標に頑張った。

塾のテストなどからギリギリかなあと心配してたし、推薦試験も自信なかったみたいですぐに一般入試の勉強も始めてた。
合格発表の日、朝から塾にいっていたので、届いた郵便物を昼休みに合わせて持っていった。昼ごはんを一緒に買いに出た友達と担当の先生の前でOPEN!すぐに私のほうにむけて見せてくれた。合格!!よくまあみんなの前で開けたよねと父に言われたのだけど、どうせ落ちてるやろと思ったから・・と後から言ってた。だから本当にびっくりしたみたいで足がガクガクして腰の力ぬけた~とのことだった。

1月末に受験終了なんてほんとにありがたかったんだけど、すぐに約束のケイタイを買わされ、休み中ずっとゲームとラインにずっとハマってたから、見ていてイライラ・・。でも楽しかった中学校、仲良かった子たちと最後に楽しめたみたいでよかった。中学卒業したくね~と言ってた。

同じ年の仲良しのいとこも学校も学科も違うけど高専に行くことになり、二人で励ましながら頑張っていけそう。2人とも野球部に入ることにしたようだけど・・5年間留年しないでよね~~。

by sakurak | comments (0)
eito

エイトは3月まで少年サッカーだった。

昨年1月~3月までで公式戦59ゴール。チームは福岡支部1部リーグで前期は下位・・入れ替え戦をしのいでなんとか1部残留。秋には早良区長旗杯マクドナルドカップ優勝!後期の支部1部リーグ優勝!県大会にも出場することができた。

おかげで親も盛りあがり、記念の横断幕をつくったり、お別れ会を企画したりみんなで楽しく終わることができた。卒団式はさすが西南、他のセクションも一緒に西南学院大学コミュニティセンターで行われた。

早良区トレセンにも参加させてもらった。早良区内のいろんなチームの子たちと友達になることができ、本当に視野が広がったと思う。早良区だけでなく、大会でよくあたるチームの子や、サッカースクールで顔を合わせた子たちとは試合であうと声をかけあったりしたようだ。

エイトは顔と名前をおぼえるのが得意だということもわかった。(私服でもわかるなんてすごい)

中学はどうするかが後半の悩みだった。アビスパのセレクションを試しに受けてみたらどうかな~なんて思ったけど本人がまったくその気なしだった。部活は一部の中学校以外は頑張りたかったらクラブチームにどうぞという状態。通う予定の中学もそんな様子だったので、10月ごろからいくつかのクラブチームの体験に参加。熱心にさそって下さった監督のチームにお願いすることに。

チームメイトはほとんどチームのジュニアユースにあがったので中学でも一緒にやりたかった仲良し君とも離れることになったのだけど、1人でも頑張ることに決めた。(といってもトレセンなどで知ってる顔がいるみたい)

お金をかけてクラブチームにいくなら、厳しくてもしっかり先を考えてくれるチームにという親のアドバイスもあったが、なにより他のチームにも体験に行ってみて自分にあうと思ったみたい。サッカーに対してはマジメなので、充実した練習内容と一生懸命な先輩たちの様子が気に入ったようだ。

新しいチームを楽しみにしていたのに、6年最後のカップ戦初日に膝をいためてしまった。数か月前からオスグットが痛んでたのだけど、悪化した様子で脛骨粗面裂離骨折・・。これは軽かった?のだけど、その時にMRIで発見された離断性骨軟骨炎のほうが重症。卒業式も入学式も松葉杖となった。

これは原因不明?で、骨格のせいかも・・とのことだったので、双子ということでゲントも一応スクリーニング。なんと同じだったらしい!でも12月で終わっていたからなのか、ほとんど再生してるから大丈夫とのことだった。

ひどければすぐに手術ということになってたらしいので、MRIで発見されてラッキーだったと思いましょうとのこと。手術(再生を促すための)すれば早く治るんだったら手術してほしい・・と思ったが、成長線があるうちは温存・・と言われ、松葉杖はひと月ではずれたものの、付け外しができる固定具(曲げると悪いところにあたるので、なるべくまっすぐにのばしておくため)をつけたまましばらく様子をみることになっている。

春休みはひきこもっていたのだけど、休んでいても退屈なので、練習も練習試合も合宿にもついていって見学。みんなとのコミュニケーションを楽しみにしている。
卒部の時期は痩せてたので、今のうちに体重も身長も成績もゲントに追いつけ追い越せ~。

by sakurak | comments (0)
gento

ゲントは昨年12月で少年ソフトボールが終わった。

副キャプテンを任せてもらい、キャッチャーで打順は1番だった。ホームランは公式戦で26本。チーム初の九州大会出場、西地区チャンピオン大会の3連覇達成など、よい成績を残すこともでき、35期の子9人全員で頑張って終わることができた。

近隣リーグ対抗のオールスター大会にも出場させてもらえた上に優勝も!たくさんの思い出と友達ができた。野芥ファイブではどれだけ自信をつけさせてもらったことか。監督に感謝!!関係者全員に感謝!

中学ではまさかのセレクション合格で硬式のクラブチームにお世話になることが決まった。専用球場に雨天練習場・合宿施設完備のすばらしい環境。Rパンの会長さんがオーナーであれこれとお金をかけてもらってるので親子で真剣に向き合わないといけない。期待にこたえられないと・・なのでシビアだけど、お金のかかる硬式のクラブチームに入れる余裕なんてないはずだった我が家にはありがたい。勉強との両立頑張って!

週2日休みがあるので英語教室は続けている。6年になってエイトがやめて仲良し君と2人だけのクラスがいいかんじだったみたいで、ひきつづき2人のクラス。中学からは今までやってなかった宿題もやるように。英語だけは兄を超えられそうかな?

中学では、初めてエイトと違うクラス。担任はタイキの担任だったこともある野球部顧問の先生。さっそく委員もひきうけ頑張ってる。

by sakurak | comments (0)